憧れの大きなソファーを購入検討しています

大きなソファーにゴロンと寝転がってウトウトお昼寝、なんていう生活が夢でした。でも、以前住んでいたアパートは狭くてとても大き目のソファーなどおけるスペースはありませんでした。だから2人掛け用で我慢していました。数年前マイホームを新築し、ようやく少し大きめのものを置いても大丈夫な広さのリビングを手に入れ、早速購入を検討したのですがすぐに妊娠。小さな子供がいると転落の危険などもあるということで、又先延ばしになってしまいました。リビングの床にそのまま座るのは結構疲れる行為です。仕方なく座椅子を買ってそれで何年か過ごしていました。そしてつい先日、子供も大きくなりもう転落して怪我をする危険も大分無くなったので、ついに憧れの大きなソファーを選びに大型インテリアを扱う店に足を運びました。いざ購入するとなると色々なタイプのものがあり大変迷ってしまいました。今、沢山のカタログを持ち帰り検討を重ねているところです。

こだわりのソファーを手に入れました

先日我が家にもついにソファーがやってきました。このソファーを選ぶまでには大変長い道のりがありました。家族に色々な要望があり、その全てを叶えるのはとても難しかったのです。でも、それだけこだわったからこそ今とても満足できるものが購入できたと思っています。まずこだわったのは材質。子供達の事を考えるときっとすぐに汚してしまうので、汚れが拭きとりやすい皮張りタイプのものにした方が良いかと思ったのですが、冬場冷たさを感じたり、夏肌が張り付く感触が嫌だということで、柔らかい麻の生地にしました。色は、床との相性が良いベージュで足元はダークブラウン。大人が足を伸ばして座れるカウチタイプですが、部屋を広く使いたい時はコンパクトなサイズに組み替えることが出来ます。頭を支えてくれるように背もたれは高く少し硬め。この申し分ないソファーで、毎日家族団欒できてとても幸せです。

オリジナルの要素を持つソファーとは

グレードの高い家具を買うと、なんだか家の中がゴージャスになった気分がします。特に長いすなどを導入した時は、自分が思っている以上に豪華になり、非常に良い雰囲気になるでしょう。ある程度のスペックを誇るソファーを買うと、部屋の内装もそれにあわせて替えたくなることがあります。特にカラフルな長いすを置いた場合は、部屋の中の空気ががらりと変わるのです。オリジナルの要素を持つソファーとは、メーカーさんが独自の手法を凝らして作り上げた芸術品とも呼べるもので、長いすとしての機能はもちろん持っていますが、変形させてベッドにしたり、その他の用途でも使えるものです。他にもいろいろな形があり、どんなスタイルで暮らすにしても役立つ形態になるでしょう。今はいろいろなメーカーさんが家具を製造、販売しており、それぞれの技術力が誇示されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*